お久しぶりの投稿になりました。

朝晩は寒くなり、お布団から出るのが億劫な季節になりましたね。

当院は、10月よりチェアが2台増えました!

1つはファミリールームと名付け、親子で入っていただける広い半個室のお部屋になっています。

先日お電話で、「ベビーカーのまま入れますか?」というお問い合わせをいただきました。その時は、「ベビーカーがなくても一緒に入っていただけるお部屋がありますよ」とご案内させてもらったのですが、結局その方は、結構です。との事でお電話が切れてしまったので本当に申し訳ないことをしてしまったと思っています。たしかにベビーカーのまま院内に入れたら、楽な時ありますよね…

車椅子の方も、そのまま入れるようにバリアフリー設計で、各チェアも十分な広さがありますのでベビーカーでお子様を乗せたままお越しいただいても大丈夫です。(タイヤを拭いてからの入室になります)

 

ところで…

最近、新規の患者さんで20代の若い方が多くみえます。

初診担当させてもらって、主訴に対する処置を行なった後、歯茎の検査と、歯石の除去、歯ブラシ指導、といった歯周病の治療を勧めます。それは、治療する必要があるから勧めるのですが…

次の予約には来ていただけない事が多いです…🥺

痛いところだけ、悪いところだけ治していけばいいという時代は終わり、これからは予防!予防!予防!の時代です。若いからまだ大丈夫と思うかもしれませんが…歯周病は確実に進んでいきます。

あの方も、あの方も、あの方も…今どうしているのかなぁと思っています。

別の医院に通って治療をちゃんと受けているなら、それでいいなぁと思います。

こんなコロナで、人に会うのを我慢しなければいけない反動か、会えなくなった人を思う事が増えました。

 

次は、歯周病が認知症につながる?!というお話をかけたらいいなと思います。